スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリプルイメージ

R0014552.jpg
RICOH R10

 今日のNHK杯 羽生 vs 郷田。

 羽生の2回の銀打ち。
 3七銀と3八銀。

 あんな手で将棋が勝てるなんて・・・・

 あまりのことに衝撃でした。
 指してくても指しちゃいけない手のはず。

 あまりの筋悪の手を超える羽生の強烈な読み筋。
 なのか?
 それともそれしか手がなかったかのか。
 ・・・どうもそういう感じだが。

 後から見れば、3七銀は結局先手の左銀と交換。
 3八銀は先崎がどうかと言った4九飛車から3九飛車成。そして金と交換。
 まさかに取り残されずになんとなく働いてしまっている。

 3八銀なんて絶対そのまま負けて残ると思った。

 さらに。先崎をして「間に合わない」といわれた2五歩。
 狙いはせかすのと2四角だったわけか??

 完全に異次元だわ。

 この「結局働いてる」感は並の強さではないな。
 久しぶりに羽生将棋を生で見たけど、なんか変わってる。

 現役A級だな、この人。


 今更ながら、谷川時代がほとんどなかったのもうなずける。

 恐ろしいものを見た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。