ポポンS

R0014478.jpg
RICOH R10

 明日のために今日ものむ

 そうか。なるほど。



 先日、義理の祖母がなくなりました。
 そしてお通夜。
 翌日お葬式。

 自分はどうしても仕事で出られず、子供らと嫁が参列。

 お昼。
 お弁当。高い仕出し弁当だったらしい。
 が。
 冷たい。
 室温ではなく冷蔵庫温度。
 もう冷たすぎて食べられなかったそう。
 仕出屋がごはんは持ってきて、天ぷらのつけ汁だけはポットで持ってきたそう。
 ところがとにかく冷たくて、もう美味しい不味いという話ではなかったそう。
 これが1食5000円はくだらなかったと。

 こんなことなら、近所のちょっと高級な和食料理の店でよかったのではなかったか、という話が出た。
 ところが、すでにそう考えた人がいたらしく、喪主(亡くなった人の長男)が、がんとしてそれを認めなかったたらしい。

 どうやら、お葬式の昼食はそこの仕出し屋に頼むのがこの辺りの風習で、そうしなかったら笑いもの(ケチった的な)になるらしい。

 そこには、美味しいか美味しくないかなどということは関係がなく、食べる人よりメンツが大事であるという価値観が優先している。
 なお、喪主。弁当を残した(というかほとんど食べていない)子供らに「高い弁当頼んだってるのに!」と激怒していたそう。

 なんだかなぁ。
 本末転倒というのはこれかしら?

 なんで人って、そういう生き方をするのだろうか?
 年取ると、そういう人が多くなるのかなぁ・・・・

 晩年の両親を本宅から横に立つ狭い物置小屋を改造した家に追いやり、同じ敷地に住む兄弟家族を追い出し、夫婦そろって両親の面倒を見なかった人らには、人間より弁当の方が大事だということなんだなあ、と改めて思った次第。

 さあ、これから遺産相続でもめそうだわ。

 やれやれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク