閉まってる??

R0014366.jpg
RICOH R10

 先日、日本各地で東北の瓦礫受け入れを決議した議会があったそうな。
 1つ、九州のどっかの街で採決してた。
 議員は賛成で、受け入れを決めたようなんだけど、傍聴していた険しい顔の50くらいの女性が立ち上がって激怒していた。

 確かに、放射能怖いですよね。
 まあ何かの組織の運動家だとは思うんですけど、もし本当に自分の子や孫の為にやっているのなら、それはそれでそうかもしれない、とも思う。
 でもなあ、明確に「瓦礫は受け入れない」=「東北の復興には手を貸さない」てことですよね。
 いくら義援金があっても瓦礫が処理されなければ前には進めないですよね。
 ああやってがなりたてる正義は、本音でそういうところがあるよな、と思うと、しょうがない、と残念、みにくいが半々な気分でした。

 国がもっとちゃんと放射能の検査やって、安全性を科学的に説明して(まあもう信用0だけどね)、保障して、きちんと進めれば1年経ってもほったらかしなんてことはなかったと思うのです。

 この件に関しては、石原知事にも橋下市長にも賛同する。
 もうしょうがないわ。日本でなんとかしないとどうしようもない。
 「うちはいや」ですむ子ども会の役員みたいな話じゃすまないから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俳優のなんたらが反原発の運動やってますな
仕事を干されたらしいですな、なかなか出来るこっちゃないと思っていたのですが、瓦礫の試験焼却を決めた島田市で「瓦礫受け入れ反対」とやってましたわ
正直がっかりでした

こんにちは

パチーリさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

 お前の家の隣で処理するぞ!

と言われると「ちょっと待って」と言いたくはなります。
例えば大阪府で引き受けると言っても自分の家とは関係ないくらいで、と無責任に思ってしまいます。

でも、「瓦礫受け入れ反対」はどうなんですかね。
原発と瓦礫処理は別問題だと思います。
放射能で一括りにしていいものではないでしょうに。


    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク