FC2ブログ

編隊

R0012887.jpg
RICOH R10

 自分が好きな写真家(芸術家のほうがよいでしょうか?)の一人に森村泰昌氏がおられます。
 自分が撮る写真とは全く違いますが、気に入って写真を見させていただいております。

 「何者かへのレクイエム展」

 まだ行けてません。くう。

 しかし、前は「なんで写真や絵画の真似をして写真を撮る?意味分からん」だったのですが、気づきました。
 被写体やモデル、画家、写真家がどんな気持ちでその写真とかかわったのかがわかるのか、と(遅すぎる)。

 ある方が、森村氏の写真にエキストラで出演された時の話を読みました。
 写真は、終戦後のドイツでゲシュタポに内通していた女性が民衆の前でうなだれていて、横から物凄い顔の女性が今にもなぐりかからんとしているものでした。
 何も考えずに出演していたら、段々そこにいた人の気持ちになってきて高揚してきた、と。

 囲碁や将棋で棋譜を並べているとき、「ああ、こういう考えか」とか「こういう気持ちか」と感じる時があります。そういう時は、昔の人となにかつながったような気がしてなんとも言えない気がしますが、そういう感じなのかな、と。

 ま、それ以上難しいことはわかんないんですけどね。
スポンサーサイト



tag : 自転車 正月 三輪車

コメントの投稿

非公開コメント

    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク