FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅田 夜 7

R0030540.jpg
 RICOH GR

 仕事でハワイに行ってきた。
 X−E2と18−55mm。
 やっぱりもう少し欲しい望遠側。

   望遠がほしい → でも2本持ちはいや → 高倍率ズームにするか → FUJIの18−135はでかい
 → じゃマイクロフォーサーズで → 画質がね → 12−100がある → 今更マイクロフォーサーズはなあ
 → そもそもそんなレンズ普段使わない → じゃあそろそろ単焦点を → X100sがある → 脳内議論終了
 → しばらくしてまた仕事で遠出 → 以下、始めに戻る

 バッテリーやフラッシュなど周辺機器もフジが増えてきたので、今更フォーサーズというのはちょっと、となる。
 まあ、こういうことを考えているときが楽しい、というのも否定はしない。

 今回は、だいぶぐらついたので、カメラ売り場にレンズを見に行った。
 まず、X−E3を一触り。次に、X−T2に18−135をつけてみる。大きさは思ったほどではない。けれども大きい。次に、E−M1MkIIに12−100をつける。ん、18−135より小さいか?ファインダーを覗く。シャッターボタンを押す。
 ?!
 AF、こんなに速いのか?!そこには、先程の18−135をつけたXーT2が足元にも及ばないものすごいスピードのAF稼働があった。
 なんてこった。こんな凄いやつだったとは。
 もっとも、それが12−100の能力なのか、E−M1MkIIの演算力なのかはわからなかった。

 E−M1でも発揮できるのか?
 これは、ほしい。
 頭のなかで支払い計画を立てる自分が。

 しかし、ふんばった。偉いぞ自分。
 ええ、わかってるんです、どうせ持ち歩かないし、使わないことを。 


R0030541.jpg

R0030542.jpg

R0030543.jpg

R0030544.jpg

R0030545.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。