再度、X-E2

P8251743.jpg
 E-M1 14-54mm

 今日も撮りに行ってみました。

 で、気づいたことをつらつら。

P8251742.jpg

 アイセンサーでのEVF起動が遅い

 E-M1と比べるとワンテンポ以上遅い感じです。
 覗いた → 「あ、覗いた!」 → 表示
 みたいな。

 ネットで検索しても意外とこういうの出てこないので、うちのカメラ調子悪いのかと思いましたわ。

 実はX-T1を覗いた時も同じことを思ったので、こんなもんでしょう。
 これしか知らなかったらこれ、ですよね。

 設定で「EVFのみ」と出来ます。するとEVF常時表示。遅延なし。
 ところが、メニューボタンを押しても背面画面には何も映さない頑固一徹さ。

 いや、そこは表示しようよ・・・・

 ファームアップで対応しないかな。

P8251739.jpg

 AF-LとAE-Lの場所が微妙。
 Qボタンの右にあればいいのに。
 親指AFもAEロックも出来るのに。

 ボタンの高さもないから押したかわかりにくい。

P8251740.jpg

P8251741.jpg

 キットレンズは残念ながら絞りリングというより、ダイアル。
 電源入れないと絞りいくらかわからない。
 ここはX100Sの方が便利。
 まあ、キットレンズですからね。しょうがないか。

P8251746.jpg

 とはいいながら、X100SにはないゾーンAFがあったりします。
 また、カスタム設定が7つ登録できます。

 ここ、すごく便利。まあ、X100Sも3つ登録できますけどね。


 あと、X-E2って、E-300だな、と。凄く薄く、ブラッシュアップされたE-300だ、と。
 PENはそう思わなかったんですけどね。
 なんだか懐かしい感じです。


 さて。
 X100   2011年 3月 5日
 X-Pro1  2012年 2月18日
 X-E1   2012年11月17日
 X100S  2013年 2月23日
 X-E2   2013年11月 9日
 X-T1   2014年 2月15日
 X100T  2014年11月20日
 X-T10  2015年 6月25日
 X-Pro2 2016年 3月 3日
 X-T2   2016年 9月

Xシリーズはこのように発売されています。
当初、X100、X-Pro1、X-E1と発売されました。
全てレンジファインダー型です。
この形とアナログダイアルが「来る」と思ったのでしょうね。その英断たるや、凄いと思います。
そもそも、考えてみれば、絞りもSSもダイヤル付いてますけど電子的にリングにして対応してるだけで、電子ダイアルでも何ら問題ないわけですよ。コストかけてリングを付けた。ファッションではなく、それがよいと考えたというわけですよね。X-Pro2やX-T2に至っては完全に先祖返りしてますよね。
単なる懐古主義でないのなら、あの形が完成形だったというわけですか・・・・確かに、アナログ好きです(擬似でも)。
自分はキャノンのF-1やニコンのF3なんかも知ってるので、そう思うのですかね?
そんなの知らない若い人たちは、どう思ってるんだろ?


youtubeでXについての動画を観てます。
その中に、Why i choose the Panasonic GX8 over the Fuji XT2という動画がありまして。
コメント欄がなかなかえらいこと書かれておられます。
炎上ではないんですけど。
残念ながら私には、この人の英語はほとんどわかんないです。

いろいろな人がいるなーと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク