手持ちレンズ最短撮影距離テスト

レンズをいくらか売り出すに際し、再度撮影テストをおこなっておこうかと思い立ったのです。
すべて絞り開放、最短撮影距離での撮影です。
また、E-M1につけてます。

P8211716.jpg
 LUMIX G20mmf1.7 

 真ん中、凄く解像しますね。
 後ろのボケは、まあ20mmだからねえ、という感じでしょうか。ボカすというより暗いところで威力発揮、というところでしょうか。

P8211717.jpg
 LUMIX G14-45mm 45mmf5.6

 流石噂違わぬキットレンズ。ボケもなかなか。

P8211718.jpg
 プラナー50mmf1.4

 後ろとろとろ。被写体も甘々。流石プラナー。

P8211719.jpg
 ML28mmf2.8

 これは・・・・
 予想以上でないですか?こんなにボケるとは。

P8211720.jpg
 タムロンSP90mmf2.5マクロ

 久しぶりに使ったこのレンズ。
 流石1/2マクロ。
 寄り過ぎなくらい寄れますね。

P8211721.jpg
 タムロンSP90mmf2.5

 こちらは被写体サイズを変えたもの。

P8211722.jpg
 ZUIKO14-54mmf2.8-3.5 54mmf3.5

 噂違わぬレンズ。発売当時、マクロがわりにもなると言われた性能に嘘なしか。
 ボケも綺麗。
P8211723.jpg
 ZUIKO14-54mmf2.8-3.5 54mmf3.5

 被写体調整版。

P8211725.jpg
 M.ZUIKO40-150mmf4-5.6 150mmf5.6

 これは近寄れないですねえ。
 でも、思ったより立派な。ボケもまあまあ。
 でも、軽量コンパクトという最大の武器を持ってますからね。

P8211726.jpg
 ZUIKO50-200mmf2.8-3.5 200mmf3.5

 こちらもよく寄れる。
 このレンズは手放せないす。というか、これつかうためにE-M1買ったわけですからね。

P8211727.jpg
 ZUIKO50-200mmf2.8-3.5 200mmf3.5

 被写体調整版。
P8211728.jpg
 M.ZUIKO9-18mmf4-5.6 18mmf5.6

 まあ、一応載せときます。

 Hologon158さんに憧れて、15mmは無理なのでせめての18mm。
 でも、どうやらただ「狭いところを広く写せる」だけにしか使ってませんでした。
 自分にはどうやら使いこなせそうもない、という感じです。
 今回、まだ売却をためらってます。でも、これ以外はほとんど二束三文。
 広角は自分にはどうやら、のようです。

 ディスタゴン25mmを持ってましたけど、使えなかったなあ・・・・

P8211729.jpg
 M.ZUIKO9-18mmf4-5.6 9mmf4.0

 ちなみに9mm。
 
P8211730.jpg
 BLC-1580

 これも持ってたので撮ってみました。
 写ルンですごっこにつかいましょ。

DSCF4979.jpg
 X100S f2.0

 ちなみに、こちらがX100S。
 絞り開放って・・・・
 まあ、残念ながら耳にピントあってますけど。
 それにしても甘々。プラナーの比じゃないですね^^;

DSCF4980.jpg
 X100S f4.0

 2段しぼるとこんな感じ。
 ボケも綺麗なわけではありません。

 でも、X100Sは街中でスナップすると、物凄く立体感があるんだよな。
 XF23mmf1.4もそうだったけど。

DSCF0082.jpg
 X-T1 XF23mmf1.4


 というわけで、何を目的にしたのかよくわからないテストでした。^^A
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク