オリンパス米谷氏 死去

E1001

 今更ですが。
 帰ってきてびっくりしました。

 これから、どうも迷走を始めたEシリーズにアドヴァイスをお願いしたかったのに・・・・

 まさに、カメラの歴史に残る偉人だと思っています。

 ご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト

自転車アルカトラズ

R0010747.jpg
RICOH R10

 暑いですねぇ・・・・
 明日から仕事で出張ですわ。
 ホテルに3泊4日軟禁状態。

 またまた24ネタ。(ネタ?)

 24は24時間の出来事であるにもかかわらず、食事シーンがない。
 シーズン6でモリスがウイスキー飲むくらい。

 鬼平犯科帳では食べ物がドラマ自体に非常に大きな効果を出すために作者自体が織り込んでいました。おにぎり、根深汁、鮎飯・・・・
 食文化の違いというのか、食べ物にどれだけウェイトを置いているのか、ということがよくわかるなあ、と思ってしまいました。
 ま、何かを食べるシーンなんて24には入れ込む余地がないのかもしれませんけど。

 しかし、アメリカのほとんどのコンピュータにアクセスできる権限を持つCTUのコンピュータの割りに簡単にハッキングされすぎでは?大変な問題ではないかと思われますけどねぇ。

当時は・・・・

R0010568.jpg
RICOH R10

いろいろ嫌な想いもされたのではないかと思います。
なんで人って名前が一緒だとちゃかしたりせめたりするのでしょうか?

今回手に取った本の中には、彼が発達障害だったか、ということに関して詳しく記載されている本はなかったです。個人的には、家庭での教育、保護者の育児態度に注目していました。

一番気になったのは、A君が中学校で卓球に興味を持った際、早速保護者が家に卓球台を買った、という記述でした。
例えば「サッカーがした」というとサッカー用具一式(高価)を取り揃える。しばらくすると練習がきつくなってきてやめる。次はギターを習いたいという。早速高いギターを調べてきて本人に勧めて購入する。しばらくするとうまくいかなくてやめる。次は・・・・

保護者が子供を支援しているという大義名分(自分への気づかないいいわけ)で、過保護を驀進させていたのではないか?と感じました。
その過保護が、A君が自分勝手な世界を作り上げる要因の一つになったのではいか、と。

さらに、土師君が行方不明になった際、A君の保護者は、自分の著書では心配で一緒に探した、とありました。が、土師君側の著書では電話番してあげる、と家に来た、何度も警察の動きを訊いてきた、そして土師君の母親の妹が「感じ悪い」と怒っていた、と記述されていました。
「ひょっとして息子が犯人だと知っていたのではないか」とも。もちろん、被害者側の後日談ですから、そこはさっぴく必要があると思います。

子供の気持ちを汲んであげたり、先回りして手を尽くすことは基本的に子供の自立心の育成を拒み青年期に大きな問題を発生させてしまう原因の一つだと思っています。(近年急速に増加する無気力側不登校などなど)

でも、そういう親、多いんですよね。
先回りして気遣いしないのを「不親切だ!!」と怒るし。
やれやれ。

酒鬼薔薇事件

R0010562.jpg
RICOH R10

 今更ながらに酒鬼薔薇事件についての著書を読んでみた。
 さらに。当時は今ほど発達していなかったネットで検索。
 実名どころか出所後の居所までかなり詳細にわかったり。
 恐ろしい世の中だ。

 それはさておき、当時の校長は今でも彼が無実だと主張しているらしい。
 事実、著書には事件において解決されていない、納得できない点がいくつか上げられている。のこぎりに関する供述が知らない間に変更になったり、タンク山で遺体を放置したのに、地元民のパトロールで発見できなかったこと(みえないところに押し込んだというが、写真でみるかぎり外から見えないような段差とは思えない)などなど・・・・

 今回、なぜこの事件を掘り返したのか?
 「被害者側と加害者側の話を聞いてみたい」とおもったのがきっかけ。
 被害者と加害者がある事件についてお互いが語る、というのはこの事件が初めてではないかと思う。被害者側の過剰な反応なのか、加害者側の意識的無意識的な自己防衛による都合よい解釈表現なのか、当然のごとくお互いの感じ方、見方、注意していた点が全く違うのが興味深かった。
 さらには、マスコミと少年Aが通っていた中学校校長とのやりとり、認識の格差。
 「できるだけ綺麗にしていた」というマスコミと、「朝の仕事はマスコミ関係者がまきちらしたゴミひろいから」という学校側。
 ・・・・おそらくきたなかったんだろうなあ。

 当時を振り返るに、連日の過熱ぶりがうそのように徐々にヒートダウンし、次第に別の事件が流れるようになって、「ああ、またこの事件も忘れられていくんだなあ」と思ったことは覚えている。

皆既日食

R0010857_2.jpg
RICOH R10

 というわけで、子供の遮光板を使ってR10で太陽撮り。
 大阪の堺ではこれが一番見られたときかな?あとはずっと曇りorz

 16万もかけて皆既日食見に行かれた方もおられたとか。

 まあ、話のネタということで。


 はじめ、NHKの中継屋久島ばっかりでわけわからん!と怒っていたが、硫黄島の中継はよかった。

 60年ほど前、おそらく世界で一番大変だった島で、しずかな日食が起こる。
 静かな島で、じっと日食が起こり、星まで見える。
 太平洋の水平線だけが赤く燃える。
 じっと、潮騒の音だけ。

R0010858_2.jpg
    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク