スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨 ハイウェイ

R0010672.jpg
RICOH R10

 朝、ある中学生(男子・3年)の保護者から電話。

 母親「弁当持たせるのを忘れた。お金も持っていない。貸してあげてほしい」
 担任「わかりました。本人来たらお金貸します」

 本人来ない。
 午後の授業で本人に会ったので。

 担任「お昼、どうしたの?」
 本人「今日忘れました。食べてないです」
 担任「借りにこいって言ってあるのに」
 本人「いえ、今日はいいです。大丈夫です」

 放課後、母親から電話。

 母親「わざわざ忙しい時間を使って電話したのに、どうしてお金を渡してくれなかったのか!」
 担任「用意していましたが、本人こ来ませんでした」
 母親「わざわざ(2回目)電話したのだから、声をかけてくれればよいではないか」
 担任「中学3年生の男子生徒の所にわざわざ出向いて「お金貸すわ」と言えばよかったですか?」
 母親「それはそうでしょ」
 担任「すみません、普段から昼食を忘れたらどうするか連絡はしてあります。
     現に皆言いに来ています」
 母親「いろんなお子さんがいるでしょう?うちの子は言えないのです」


 ・・・・
 「教育の一環だと思ってやってきたが、単なる不親切な奴、なのか、俺は?」
 「中3の男の子のところにわざわざ出向いて「お金貸したる」といわないかんの?」
 と担任(友人)から質問。

 「とりあえず、その母親(+父親?)はどうか知らんけど、自分の子やったら絶対学校にそんな電話は入れない。中3にもなって自分でなんとかしろ、と思う。百歩譲って、いや一億歩譲って中1だったとしても普段からどうしたらいいか教えておく。それで借りれないなら腹すかせて我慢しろ、という」

 それから。

 「自分が学生の時は、母親の電話で先生が来たり、自分が呼び出されたりするのは恥ずかしくて絶対嫌」

 結論として。

 「別に問題ないんじゃない?過保護な親のたわごとだと思うけど。学校ってレストランや商社じゃないし。あえて不親切が必要なこともあろうよ」
 と私は言いました。

 さて?
スポンサーサイト

「街」論

R0010671.jpg
RICOH R10

 なんてね。

 今日の産経新聞に掲載されていた写真家・埴沙萠さんの言葉。

  何かのテーマを込めたことなんてない。
  植物の生態を撮っているだけ。
  写真を見た人が「あ」とびっくりしてくれればアートだし、
  「げー」といえば芸術だしね。

 カッコいい。
 「撮っているだけ」

 Hologon158さんのように深い考察を加えたことはないのですが、ピンとくる写真とこない写真はありますよね、誰しも(ちなみに、どれだけいろいろ書かれようとも、Hologon158さんの写真には何かしらピンとくるものがあり、いつも拝見しております。とだけ、もし読まれていたらお伝えしておきます、はい)。でも、伝わるのか伝わらないのか、もし伝わったとしても意図がちゃんと伝わるのか?そんなことまでもう全然わからないです。
 わからないので、考えないことにしてます。

 そう「撮っているだけ」です、私は。

 撮って撮って撮るだけ、です。
 今度出かけた際には私も1日数百枚を撮ってみたいと決心しております。
 しかし、運動会で流しまくって500枚くらいだからなあ。
 ロボーグラフィをあれだけとりまくるHologon158さんのエネルギーは・・・・恐るべし。
 

じゃがいも爆弾

R0010670.jpg
RICOH R10

 そっとおいた、のかしら。


 田中希美男氏のブログにE-P1が取り上げられていました。
 デジカメはどれもそういう処理をしているんでしょうけど、歪曲収差をボディで補正できるそうな。
 確かEOS5Dも同じような機能が。
 理論的にはフルサイズDSLRで隅までまともな画質を得ようと思えばレンズは途方もない大きさになるはずだと聞いたことがある。それが、あんな大きさ。つまり、カメラ内でレンズの収差を補正している、と。
 論理的に表現はできないけれど、補正するためにレンズを増やすのと、コンピュータが演算で補正するのとでは随分趣が違う気がする。
 結果同じならそのほうが便利でいじゃん。
 確かにそう。
 でもねぇ・・・・なんか、やだ。
 コンパクトデジカメで撮った写真を画像処理して後ろをボカしてポートレート写真を作ったのと考え方は同じなように思える。「後処理」で画像を作っているのがなんとも。
 そういうのは、なんかやだ。
 ま、R10も28~200なんて写真を相当処理してるんでしょうな。


 先だって、コンビニの弁当廃棄に対して小売店側の主張が通って、割引販売してはいけない、廃棄せよ、という本社の命令はダメだ、との判決がありました。
 論調として「このご時世に廃棄とは何事か」「もったいない」という意見が多くありました。
 思い出すのは船場吉兆。
 客が手をつけていない料理を再度だしていた事件。

 mixiで「捨てるのはもったいないでしょ」と書いたら法律の問題だ、衛生的によくない、とコメント欄に書き込まれました。で、「自分の意見は自分の日記に書いて、リンクだのトラバだのしてください」と書いたら、数分後に書き込みが消され、その人のページに迷惑会員として登録されてアクセスできなくなり、一方的にメールで「ふざけるな」と送りつけられたことはさておき。

 もちろん、他の人の食べ残し、とわかったら、例え箸をつけてなくてもいやですよ、そりゃ。
 でも、そういう感覚はさておいて、

 手をつけていない料理を衛生面や法律面で考えて、廃棄するのが妥当

という考え方は、この環境を守らなければならない時代にははたしてどうなのか?
 そして、そんな贅沢はまだ続けられるのか?
 と思わずにはいられません。
 人の食べ残しですら口に入らない貧しい人たちが居る。
 その裏側で、廃棄される食べ物。

 そんな時代は、もう長く続かない気がします。
 食べずに捨てる、なんてことをなくすことを考えたいと思います。

新型?!

R0010668.jpg
RICOH R10

 新型洗濯機が投入された模様です。
 しかし、旧型はなぜあんなにボコボコ?

 景気は底を打って回復しているそうな。

 市民の賃金をいろいろな制度で抑えまくり、労働力を安くムダに使い、高い賃金の労働者はどれほど高い技術があってもリストラし、ありとあらゆる先取り手段で利益を上げてきた先日までの好景気。
 富める者はより富み、貧しいものはより貧しくなる。
 回っているはずのお金が、企業、役員、投資家など、実業に携わらない人間のところで止まる。

 で、景気回復?
 それで、数年後に消費税率アップ?

 本気か?

 経済に詳しくない自分でもわかるぞ。
 いや、だからわかるのか。

 庶民はますます生活苦しいんですけど?

 そもそも、政治家も官僚も何かのぼせ上がってますけど、

  足りないから、増税

 いやいや、

  ある分でやっていく

 それが正しい経済感覚じゃないの??
 庶民の生活はそうなってますけど?


 こんなに住みにくい国が、終戦から目指してきた到達地点なのか?

WaHaHa!

R0010666.jpg
RICOH R10

 アメコミ出身のキャラ、Mr.ドラム。
 持ちネタ:火をはくと思いきや、不完全燃焼で煙しか吐けない。

 みたいな。


 ちょっと笑ったこと。
 アクセス解析の「検索キーワード」

   PEN E-P1 がっかり

でこのブログに来られた方が。
 「がっかり」で検索・・・・やりますよね。
 「ダメ」とか「おすすめできない」とか。
 商品に対する相当的を得た情報があることもしばしば。

 残念ですけど、うちのブログにはそんな有益な情報はありませんのでm(__)m
    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。