ポメラ お亡くなり・・・・

P9100886.jpg
 E-M1 G20mm

 ちょくちょく使っていたポメラですが、ちょっとしばらく使っていない日々が続き、先日久しぶりに使おうと思ったら、ボディがベトベト!
 いわゆる経年劣化というやつでしょうか。
 昔のキャノンのEOSのシャッター膜がベトベトになる、あれかしら?と思いながら。
 まあ、しょうがないとはいえ、あれでキャノンをやめたので。

 Back to story
 chromebookの起動が速くなり、重さも軽くなったとは言え、ポメラにはかなわないし。
 かと言ってDM100とか200を買うほどではなく。

 ぬう、どうしよう。

 Hologon158さんのポメラはまだ元気なのかしら。買い換えられたのかな?
 
P9100888.jpg

 キーボードの周りのプラスチックもおれちゃいました。


P9100889.jpg

 液晶は電池入れればつくのでまだ使えるんですけどねぇ。
 まさかボディが先だとは。
スポンサーサイト

NISSIN i40 フジフィルム用 そしてBLACK RAPID

DSCF5432.jpg
 X100S

 届きました。i40
 unboxの儀でも、と思いましたがめんどくさいのでやめました。

 やっぱ自動で使えるのは便利ですねえ。ズームもisoも自動だなんて(いや、今なら普通だろ)
 仕事柄、急いで撮ることが多いので、やっぱり必要です。

 スレーブもばっちり。
 もっとも、光で反応するタイプなので古いといえば古いですけど。

 いずれ、ラジオコントロールできる端末のフジフィルム用がでるでしょうから待ちましょう。

DSCF5434.jpg
 これが噂のダイヤル設定方式。
 恐ろしくわかりやすい。
 マニュアルでズーム変えるのだけが面倒くさいですけど。


DSCF5435.jpg

 で、実はX-E2用に思い切ってBLACKRAPDを買ってみたのですが。
 ネジ穴がバッテリー蓋に近いため、装着するとバッテリー交換ができません。
 しょうがないので、E-M1用にしました。50-200と持ち出しましたが、噂通り使いやすい!
 X-E2で使いたかったなあ・・・・

最古参

PA010325.jpg
 E-M1

 一番初めに買った一眼レフがEOS1000S。
 次に買ったのが、このYASHICA FX-3 SUPER2000。
 夜景を撮りたかった。そして、コンタックスを使いたかった。
 ちょっとして買ったプラナー50mmf1.4。
 結局、20年近く持っていたけど、これといったことには使えなかった。

 そして、YASHICAの28mmだけが残った。

 カメラ雑誌をいっぱい読んだ。次に買うカメラにドキドキした。


 久しぶりにカメラ雑誌を手にとってみた。
 カメラマンの書く記事を読んだ。
 WEBでカメラマンの文章を読んだ。
 人気のある写真を見てみた。

 自分の写真が「それらしい何か」から抜け出せていないことを痛感した。
 「◯◯っぽい」写真が撮れるようになって何の意味があるのか?

 ずーっと考えて、結局、「撮りたい」と思うものを撮る。
 その「撮りたい」というセンスを磨くしか無い、というところに来た。
 うまい写真なんて結局撮れないし、コンテストに出すようなものもない。
 心象を写真に表すこともできない。

 と、ややこしいことは諦めて、明日も写真を撮ることにした。

再度、X-E2

P8251743.jpg
 E-M1 14-54mm

 今日も撮りに行ってみました。

 で、気づいたことをつらつら。

P8251742.jpg

 アイセンサーでのEVF起動が遅い

 E-M1と比べるとワンテンポ以上遅い感じです。
 覗いた → 「あ、覗いた!」 → 表示
 みたいな。

 ネットで検索しても意外とこういうの出てこないので、うちのカメラ調子悪いのかと思いましたわ。

 実はX-T1を覗いた時も同じことを思ったので、こんなもんでしょう。
 これしか知らなかったらこれ、ですよね。

 設定で「EVFのみ」と出来ます。するとEVF常時表示。遅延なし。
 ところが、メニューボタンを押しても背面画面には何も映さない頑固一徹さ。

 いや、そこは表示しようよ・・・・

 ファームアップで対応しないかな。

P8251739.jpg

 AF-LとAE-Lの場所が微妙。
 Qボタンの右にあればいいのに。
 親指AFもAEロックも出来るのに。

 ボタンの高さもないから押したかわかりにくい。

P8251740.jpg

P8251741.jpg

 キットレンズは残念ながら絞りリングというより、ダイアル。
 電源入れないと絞りいくらかわからない。
 ここはX100Sの方が便利。
 まあ、キットレンズですからね。しょうがないか。

P8251746.jpg

 とはいいながら、X100SにはないゾーンAFがあったりします。
 また、カスタム設定が7つ登録できます。

 ここ、すごく便利。まあ、X100Sも3つ登録できますけどね。


 あと、X-E2って、E-300だな、と。凄く薄く、ブラッシュアップされたE-300だ、と。
 PENはそう思わなかったんですけどね。
 なんだか懐かしい感じです。


 さて。
 X100   2011年 3月 5日
 X-Pro1  2012年 2月18日
 X-E1   2012年11月17日
 X100S  2013年 2月23日
 X-E2   2013年11月 9日
 X-T1   2014年 2月15日
 X100T  2014年11月20日
 X-T10  2015年 6月25日
 X-Pro2 2016年 3月 3日
 X-T2   2016年 9月

Xシリーズはこのように発売されています。
当初、X100、X-Pro1、X-E1と発売されました。
全てレンジファインダー型です。
この形とアナログダイアルが「来る」と思ったのでしょうね。その英断たるや、凄いと思います。
そもそも、考えてみれば、絞りもSSもダイヤル付いてますけど電子的にリングにして対応してるだけで、電子ダイアルでも何ら問題ないわけですよ。コストかけてリングを付けた。ファッションではなく、それがよいと考えたというわけですよね。X-Pro2やX-T2に至っては完全に先祖返りしてますよね。
単なる懐古主義でないのなら、あの形が完成形だったというわけですか・・・・確かに、アナログ好きです(擬似でも)。
自分はキャノンのF-1やニコンのF3なんかも知ってるので、そう思うのですかね?
そんなの知らない若い人たちは、どう思ってるんだろ?


youtubeでXについての動画を観てます。
その中に、Why i choose the Panasonic GX8 over the Fuji XT2という動画がありまして。
コメント欄がなかなかえらいこと書かれておられます。
炎上ではないんですけど。
残念ながら私には、この人の英語はほとんどわかんないです。

いろいろな人がいるなーと。

X-E2投入

P1100541.jpg
 LUMIX-GF1 20mmf1.7

 やってまいりました。
 X-E2 18-55mm。

 店に取りに行った時、「?AF遅くね?あれ?こんなもん?あららららら・・・・」
 と思うくらい遅くて。
 まさかと思ってヴァージョンを確認したら2.00でした。

 速攻、4.01にヴァージョンアップ。


 ・・・・
 まあまあ速!

 くらいにはなりました。X100Sよりはちょっと速いかなあ・・・・
 
P1100543.jpg
 ダイヤル。ただし、18-55mmは絞りリングに目盛りなし。シームレスのはずなのに、絞りとAの切り替えがある。
 残念。まあ、キットレンズだししょうがないか。

P1100544.jpg
 背面。
 左にボタン。
 X-PRO2の解説に、操作に集中するため、ボタンを右側に集めました、って書いてあった。
 じゃあ、X100SとかX-E2はどうしてくれんだよ!という感じ。

 まあ、しゃあないですけどね。
 
P1100545.jpg
 X100Sと並べてみる。

P1100546.jpg
 サイズはほぼ一緒ですね。まあ、レンズはでかいですけど。

P1100547.jpg
 お次はE-M1。14-54mmついてますけどね。やっぱでかいな。

P1100548.jpg
 あんまり大きさかわらないか。X-E2の方がボディも軽いですけどね。

P1100551.jpg
 縮めたところ。

P1100550.jpg
 伸ばしたところ。


 とりあえず、何か撮ってみる。
DSCF0001.jpg
 何か、凄く細いというか、細かく写っている感じがするんですけど。

DSCF0023.jpg

DSCF0032.jpg

DSCF0029.jpg

DSCF0013.jpg
 こちら、レンズキャップをして30秒露光。
 ・・・・ノイズレス。
 シャレならん。

 と思ったら、こいつはノイズリダクション効いてました。

 ・・・・もう一度ノイズリダクション弱にしてしたら・・・・
 結果は同じでした。
 マジで?!シャレならん。フジ本当に?!

 でも、星撮って試せないんですよね、ここでは。



 まあ、明日もうちょっとマシな写真を撮りに行く。

 そして、ズームで撮ったらだめですね。体が全く動かない。
 ズームすぐくりくりしてしまう。
    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク