詰将棋の夏

P1100284.jpg
 iPhoneに詰将棋パラダイスのアプリを発見。
 6000題近く問題がある。

 最近の将棋はもう定跡がわからなくて怖くて指せないんですけど、詰将棋はなんとか。
 図書館で借りてみました。

 秘伝大道棋の復刻版が甦る秘伝大道棋。これは面白いです。購入予定。

 大道詰将棋には昔から興味があり、北海道将棋連盟の詰将棋の冊子を分けて頂いて、ちまちま解いておりました。

 昔、将棋の勉強をしなかった(と言われる)小池重明氏が常に持ち歩いて研究していたのが大道詰将棋だったとか。
 ある真剣師も上達法は、と聞かれて「大道詰将棋の研究」と答えたとか。

 なんというか、人の裏をかくというか、読みの力があればただの技術なんですけど、凄い心理戦なのですね、これが。
 ひっかけというか、いかにもやってみたい手を演出しておいて詰まないとか、逃げたようで詰む、とか。

 ま、全然強くなってないですけど^^A


P1100285.jpg

 こちらが北海道将棋連盟の小冊子。内容濃すぎます。素晴らしい。
 阿部重治郎氏は2007年にご逝去されたそうです。
 一度お会いしたかったです。

P1100286.jpg

 こちら、先日新潟の古本屋から送ってもらった大道棋奇策縦横。3500円。
 大道詰将棋の正体、とどっちにしようかとおもったのですが、昭和53年発行のこの本にも味があるなあ、とこちらを購入。
 のっけから解けません><

P1100287.jpg

 こちらは昔から持っている詰将棋本。古典作品が多く載ってます。
 古典作品は古典作品の面白さがありますけど、やっぱり大道棋ですね、面白いのは。

 まさか、そんな方いないでしょうけど、どれか初めて買ってみようというかたは「甦る秘伝大道棋」がおすすめです。
 amazonでも入手できます。
スポンサーサイト

電王戦その2

R0014599.jpg
RICOH R10

 写真と全然関係ないですが。
 そういえば、昔の漫画で、金持ちのぼんぼんがフェラーリを買ってもらったら初心者マークが張り付かない、なんていうシーンがあった記憶があります。
 ま、フェラーリなんてさわったこともないのでホントかどうかわかりませんけど。


 電王戦その2。

 棋士が強いのは、手を読まないから。
 いや読む必要のない手を瞬時に切り捨て、読む価値のある手だけを読む。
 その切り捨てが常人より速すぎるので強い、と。

 ところが、コンピューターは「無さそうな手」という判断ができない(プログラムでは可能だろうが。そうしなければ全候補手を読みまくる)。全部の手を読んで、判断し、そして指す。
 だから、普通ならほとんどありえない手ではあるが、その局面だけで成立する手を見つけて指してくる、という。

 これを読んで韓国の囲碁を思い出した。
 形とか筋とか関係なし。成立するかどうかを先入観なしで研究し、最新定石を作り上げ、世界最強になった。
 どちらかというと形や筋、美学を尊ぶ日本はそして後塵を拝した、とも。

 コンピューターが新たな定跡を作り出す日も近いのかも知れない、と思ってみたり。

トリプルイメージ

R0014552.jpg
RICOH R10

 今日のNHK杯 羽生 vs 郷田。

 羽生の2回の銀打ち。
 3七銀と3八銀。

 あんな手で将棋が勝てるなんて・・・・

 あまりのことに衝撃でした。
 指してくても指しちゃいけない手のはず。

 あまりの筋悪の手を超える羽生の強烈な読み筋。
 なのか?
 それともそれしか手がなかったかのか。
 ・・・どうもそういう感じだが。

 後から見れば、3七銀は結局先手の左銀と交換。
 3八銀は先崎がどうかと言った4九飛車から3九飛車成。そして金と交換。
 まさかに取り残されずになんとなく働いてしまっている。

 3八銀なんて絶対そのまま負けて残ると思った。

 さらに。先崎をして「間に合わない」といわれた2五歩。
 狙いはせかすのと2四角だったわけか??

 完全に異次元だわ。

 この「結局働いてる」感は並の強さではないな。
 久しぶりに羽生将棋を生で見たけど、なんか変わってる。

 現役A級だな、この人。


 今更ながら、谷川時代がほとんどなかったのもうなずける。

 恐ろしいものを見た。
    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク