FC2ブログ

新世界紀行 1   でもE-M1Xのイベントの話

2019年2月2日 大阪グランフロント O-MD E-M1X イベント

 行ってまいりました。
 触りませんでした。だって買わないので。でかいよ、いくらなんでも。
 確認したかったのは、画質。どうなっているのか。
 で、カタログにも乗っている新幹線の写真。パネルに大伸ばしされていたのでよーくみたんです。

 電線部分がこれ。
unnamed.jpg

 こんなもんすか。ものすごい偽色。フォーサーズ時代から変化なし。
 フォーサーズ規格はやっぱ画質で先が見えているのかなあ。
 手ぶれ補正とかものすごいしコンパクトだからもったいないんだけど。

 あと、気になったのはグリップ周りのボタン配置。
 デザインし忘れたのかと思うくらい上がスカスカ。
 これで大丈夫なんだろうか。


R0030818.jpg
 RICOH GR

 
R0030819.jpg

R0030820.jpg

R0030821.jpg

R0030822.jpg
スポンサーサイト

大阪 臨港線跡へ 8  2019あけましておめでとうございます

DSCF6215.jpg
 X100s

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 12月更新せずに年が明けてしまいました^^;

 2018年はそりゃもう地震に直撃されるわ、台風くるわ、職場はずたぼろになるわでそりゃもう大変な年でした。
 写真関係でいうと、12-100を買ったくらいでしょうか。写真も全然撮りに行かなかったし。

 ルービックキューブを揃えられるようになったくらいですかね。(46にもなってそれどうよ)

 さて、2019年は新しいことにも挑戦していきたいと思っております。
 写真とは別ですけど。
 写真については、うーん、内田ユキオ氏の講演聞きに行ったり、GRのミーティングに行ったり、アサヒカメラを図書館で読み漁ったりしましたけど。

 なんか、違う。

 フルサイズミラーレスにも全然興味がなくて。
 新しい人達の作り込んだ写真にも何の興味も関心もなくて。

 ただ、シンプルに撮りたいものを真ん中にして撮る。

 それだけ。
 本当にそれだけの写真にしたい。


 ま、しょうもないもの撮ってますけど、自分にとってはかけがえのない写真ばかりで。
 そういう進み方をしたいと思っています。


DSCF6211.jpg

DSCF6201.jpg

DSCF6197.jpg

大阪 臨港線跡へ 7

DSCF6168.jpg
 FUJI X100s

 なんかまた月イチ更新になってしまってますが。

 写真と全然関係ない話。

 高校生の時代、イメージファイトというシューティングゲームにはまっていました。
 当時はまだUFOキャッチャーが出る前で、ゲームセンターはなかなかいかがわしい場所と認識されていた時代でした。
 もっとも、いきつけのゲームセンターは、おばあちゃんが経営していたのんびりした場所でした。とはいえ、アフターバーナーIIのダブルクレイドルがあったな。思えばえらいことですな。
 シューティングゲーム好きだった自分は、そこでいろいろなゲームをやりました。

 究極タイガー
 特殊部隊UAG
 エリア88
 アフターバーナー
 R-TYPE
 沙羅曼蛇
 メタルブラック
 ・・・・

 その中でも、イメージファイトはなぜか自分を捉えました。
 でも、7面が最高で、クリアしたことはなかったのです。

 先日、東京のゲームセンターミカドが配信しているイメージファイトの動画を見て、このときの想いを思い出し、もう一度チャレンジしてみることに。
 そして、コンティニューしまくりでしたが、初めてクリアできました。
 30年越しくらいではなかろうか。

 なんか、全身が暖かかくなりました。
 もっとも、連射パッドやポッドシュートボタンをつけての話ですけど。それでも嬉しい。
 

DSCF6172.jpg

DSCF6173.jpg

DSCF6179.jpg

DSCF6181.jpg
 なんで歩道が植木で終わる??

大阪 臨港線跡へ 6   内田ユキオトークショー

DSCF6162.jpg
 X100s

 「今年2018年は、カメラの歴史の中で決定的な年だったよねって言われ続けるくらいの大きな年だったよねと言われる」
 それは
 「60年近く続いた一眼レフという王様みたいなカメラがついにその座を退くことになる」
 「デジタルと一眼レフの相性があまりに悪かった。デメリットが多すぎる」
 から。

 キャノンとニコンがいよいよ入門機でないミラーレスを出してきたこの2018年。
 もちろん、スポーツを撮ったりするのに一眼レフはなくならないけど、ミラーレスがいよいよメインとなる時代となったということ。

 にもかかわらず。
 先日twitterに流れてきた「運動会・結婚式カメラマン募集」の広告に条件として「キャノンかニコンの一眼レフを持っていること」とあった。ミラーレスを使っていると、どれだけ上位機であっても「ふざけるな」と怒る人がいるからだそうな。

 もっとも、一般の人に一眼レフとミラーレスの違いなんて興味のあるトピックとは思えないですもんね。



DSCF6165.jpg
DSCF6166.jpg
DSCF6160.jpg

大阪 臨港線跡へ 5 新製品ラッシュ

DSCF6145.jpg
 
 キャノン ミラーレス EOS R
 ニコン  ミラーレス Z7 Z&
 パナソニック フルサイズミラーレス S1
 フジ X-T3  GFX50R
 リコー GRIII

 とうとう新製品が全部ミラーレス、という時代。

 最終的に、またキャノンが最後にさらっていくのかしら?
 でも、どれも一派ユーザー向けではない感じですね。ハイアマチュアというか、スーパーハイアマチュア向けというか。
 当然のことながらどれもでかいですからね。一般人が買うサイズじゃないでしょ。
 GFXの1億万画素なんて何に使うんだか。

 ちょっと前、ディズニーランドへ行きました。
 驚くほど皆カメラを下げてる。しかも女性。なかなか長いレンズつけてるし。
 しかも。
 そのほとんどがニコン。キャノンより多かった気がする。
 一眼レフですよ、皆。
 ミラーレスなんてほとんどいませんよ。

 カメラ屋で勧められたのかなあ、と余計なお世話。

 ちょっと前まで、ディズニーランドでカメラ持ってるなんてよほどのキャラや踊り子さんのファンで乗り物乗らずに入場直後からパレードやイベント場所で座り込みする人らだけだったのに。今ではもういるわいるわ。右手にダッフィー、左手にEOS70Dなんて女性も。

 いやもう、X-E2ですらでかくてやだなってGRしかもってない自分からすれば、いやもう大変だなあって感じです。

 なのに新製品はミラーレス。

 なんだこれは。


 で、触ってきましたZ7。
 やっぱ、カッコわ◯い・・・・持つ喜びあんのか、これ?
 X-T3。X-T2と見紛う。再生ボタンは頑なに左。AF速いんですかね。店舗内じゃわかんなかった。
 ここでX-T2買うのはありかもな、と思った。でもどこで使うかわからん。
 AFや手ぶれ補正はやっぱりE-M1+12-100が圧勝と思う。ただ画質は・・・・


 しかし、いよいよミラーレス時代本格到来ですね。



DSCF6152.jpg

DSCF6155.jpg

DSCF6157.jpg

DSCF6159.jpg
    
プロフィール

迅

Author:迅
E-1にはプラナー50mmがよく似合う(ピント合わないけど)。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク